スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ブレーズド・キャベツ

「ブレーズド(Braised)」というのは、蒸し煮にした、という意味。少なめの水分(蒸気)で煮るという感じです。

キャベツの蒸し煮なんてわざわざ紹介するほどのことか?と思った方も、とてもおいしいのでぜひ試してみてください。

材料
  • キャベツ(中) 1/2玉
  • 紫玉ねぎ(中) 1/2個
  • リンゴ(グラニースミスなど、小) 1個
  • 無塩バター 大さじ1
  • ショウガのすりおろし 小さじ2
  • ワインビネガー 1/4カップ
  • メープルシロップまたはブラウンシュガー 大さじ1
  • 塩こしょう

作り方
  • キャベツ、玉ねぎ、リンゴをスライスし、細切りにする。
  • バターを溶かし、玉ねぎを弱火でよく炒める。塩こしょうする。
  • リンゴとショウガを加え、混ぜ合わせる。
  • キャベツを加え、中火にして6〜8分ほどじっくり炒める。
  • ワインビネガーとメープルシロップを入れ、火を弱める。40分くらい蒸し煮にする。

ショウガとバターって一緒に使ったの初めてかも…。でもこれが、料理している間とてもいいにおい!作った後一晩おくと味がなじんでもっとおいしくなります。蒸し煮にする時間がかなり長いので、クロックポットや圧力鍋を活用するのもいいかもしれません。

参考にしたのは、Chow.com の「Braised Red Cabbage with Bacon」と、Molly Stevens Cooks の「Red Cabbage Braised with Maple & Ginger」というレシピ。私のバージョンはキャベツではなくて玉ねぎを紫にして、ベーコン抜きにしました。今度紫キャベツ買ってこよう。

JUGEMテーマ:グルメ
Nao * 夕食 * 14:21 * - * -

タヒーニ入りグリーンスプリットピーのスープ

材料
  • グリーンスプリットピー 1/2パウンド(約225g)
  • にんにくのみじん切り 2かけ分
  • 顆粒コンソメ又はベジタブルストックの素 小さじ2
  • にんじん 2〜3本
  • たまねぎ 大1個
  • セロリ 2本
  • マッシュルーム 3〜5個
  • タヒーニ又は白ごまペースト 小さじ1〜2
  • オリーブオイル 小さじ1〜2
  • パセリ(ドライ) 大さじ2
  • 粗挽きこしょう 適量

作り方
  1. スプリットピー、水(5カップ*)、にんにく、コンソメを鍋に入れて煮はじめる。
  2. フードプロセッサーなどでにんじん、たまねぎ、セロリをみじん切りにする。マッシュルームは薄切りにする。
  3. 野菜を鍋に加え、あくを取りながら柔らかくなるまで煮込む。
  4. 火が通ったら半分の量をフードプロセッサーに入れ(冷まさずに取り扱う場合熱いので要注意)、タヒーニを加えてなめらかな液状になるまでよく混ぜる。
  5. 液状の材料を鍋に戻し、再び温める。
  6. 食べる前にオリーブオイル、パセリを加え、皿に盛って上にこしょうを挽く。

クリームは入っていないけど、タヒーニのおかげでクリーミーでこくのある味になります。写真を撮るのを忘れてしまいましたが、おいしかったので自分の備忘録としてレシピだけ残しておきます。

*軽量カップはUSサイズ(240ml)です。
Nao * 夕食 * 09:38 * - * -

Greek Lemon Potatoes (ギリシャ風レモン風味ポテト)

Greek Lemon Potatoesものすごく簡単でかなりおいしい、じゃがいも料理です。

これはいつ誰に作っても「おいしい!」と言ってもらえるので、本当にお勧め。たくさん作ってもすぐなくなってしまいます。

使うじゃがいもはRussetとかIdaho(メークイン系)よりは、できれば、Red PotatoかYellow/Gold Yucon(男爵芋系)を使ってください。甘みがあっておいしいです。

材料
  • じゃがいも 中6個
  • レモン汁 1/2カップ
  • オリーブオイル 1/3カップ
  • にんにくのみじん切り 2かけ分
  • ドライオレガノ 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう 少々
  • スープストック 2カップ

作り方
  1. じゃがいもをよく洗う。2センチ厚さくらいの輪切りにし、水にさらしておく。
  2. 他の材料をボウルまたはZiplockに合わせ、よく混ぜる。
  3. じゃがいもの水気を切り、調味料液にマリネする(10分〜2時間)。
  4. オーブンを400度Fに熱する。
  5. じゃがいもをキャセロールディッシュ(耐熱容器)に並べる。残りの調味料液を上からかける。
  6. 45分〜1時間程焼く。じゃがいもの切り方・オーブンの具合によって調整してください。

    1. 元にしたレシピは、Greek Lemon Potatoes。スパイスはギリシャ風ならオレガノだけなのが正統派なんだと思いますが、パセリやローズマリーもよく合います。
Nao * 夕食 * 10:33 * - * -

インド料理のクラス 第2回

さて、インド料理教室の2回目です。今回のメニューは、こちら。
  • Dill Vegetable (ディルと緑豆の煮物)
  • チャパティ
  • Chapati Chabada (チャパティスナック)
  • Sweet Lassi (マンゴ入りラッシー)
  • Sheera (ココナツ風味のペースト)
  • Stuffed Eggplant (なすのヨーグルト&野菜詰め)

Indian Cooking Class 12/13/05これに加えて、バターから「ギー」を作る工程も見せてもらいました。
チャパティに使っている小麦粉は、「インドの全粒粉」で、粘り気が少なくて挽き方が細かいらしいです。一般的なスーパーなんかで売っている小麦粉ではダメだそう。
先生のチャパティは普通より薄めらしいんですが、ものすごいてきぱきと生地を薄くまん丸に伸ばしていくのはさすが!私たちも伸ばしたのですが、なかなか難しかったです。それを、丸みのあるフライパンで片面焼いたあと、直火(ガス)で膨れるまで焼きます。直接火の上に乗せるけど、燃えない。…不思議。

実習の後のディナーでは、ポテトカレー、れんこん入りの煮物(アメリカでれんこんって、初めて食べたかも!)、ごまと黒砂糖のスナックなども出してくれて、ちょっとずつ食べたけどかなりお腹いっぱい…。作っている間中も材料やできた料理を、「はい、みんな味見してみて〜」ってどんどん勧めてくれる(笑)せいもあるかもしれません。

今日は最後にスパイスをいくつか分けてもらいました。私はクミンシード(粒)と、Hing。クミンって、こんな形なんですね。知らなかった!Hingは漢字で書くと「阿魏(あぎ)」というもの、らしい(インド料理レストラン GANESH:阿魏 (アギ)又はヒーング)。英語ではGreat FennelとかAsafoetidaとかいって、セリの一種。これ、そのままだととーっても臭いんですが!先生のレシピにはかなりの頻度で使われていて、結構大事なスパイスのようです。

材料やスパイスについて質問できたり、「こういうやり方もある」とレシピには書いていないことも知れたり、やっぱり本を見て作るより料理教室はいいなーと思います。そういえば中学校の家庭科の授業とか以来、料理を先生から習うという経験はなかったので、やってみるとほんとに楽しいものです。
次回のクラスは年明けで、ひとりひとりが家で作ったメニューを持ち寄って食事会♪とのこと。何をつくろうかな???
Nao * 夕食 * 17:28 * - * -

12345>|next>>

このページの先頭へ